HMBとクレアチンのサプリ併用効果

筋トレを行うとその間は筋肉に負荷があり損傷が進んでいるので、そのさなかに素早く回復を促すHMBを送ることができれば効率的ですよね。

たんぱく質の同化促進をする効果がHMBにはあり、筋肥大など筋肉の量が増える効果があることが判明しています。もちろん、HMBサプリの使用でムキムキマン筋肉になれるとのことは起こりません。

HMB、クレアチンには、単独で筋肉が増量する効果があります。さらに、HMBとクレアチンの併用および同時摂取で体脂肪率減少や筋力向上、筋肉増量等の大きな相乗効果になります。

筋トレをしたことがない者を対象とした実験では、ウエイトトレーニングをする時にHMBを摂った被験者は、HMBを摂取しなかった集団と比べて統計的に重要な方法で筋肉の増加が確認されました。

HMBは最近になってでたサプリメントですが、実験や研究をたくさん行い効果的な優れた実績が確認されています。
その特徴からボディビル用に適したサプリとして興味を集めています。基礎代謝は一日の肥満を防ぐエネルギーの消費の基礎は、ここが乱れると食事を戻した時にエネルギーが十分に消費できずに太りやすくなってしまいます。サプリがパーフェクトということではありませんが、食事や筋トレ関連の知識を知ったうえで使いこなせば正しく導いてくれます。

正しい情報でしっかりとした結果を出しましょう。HMBは傷ついた細胞の修復効果を促し、回復促進効果が望めます。

極論からすると、筋トレは行う理由は筋肉を傷つける為です。HMBの効果を得やすい人は、筋トレ初心者の方です。

これまで正しいウエイトトレーニングの量をこなしていない人ほど、効果が出やすいと知られています。

まず効果を感じるのはトレーニング後でしょう。

プロテインによる栄養補給をトレーニング後すぐに行うことはトレーニーは必ず実践します。筋トレ直後はゴールデンタイムと言い、栄養を効率よく損傷した筋肉に届けるので、効果が大きいとされています。
筋トレで損傷した筋肉は超回復と呼ばれる損傷部分を修復する際に今までより強く太くなって回復します。この反復が筋肉がつく過程となります。
ある程度の筋トレに慣れたら負荷をアップできるフィットネスクラブのマシントレも良いのですが、一定の頻度で負荷をアップさせないと効果が出にくいし、機械の軌道はワンパターンなので普段の過ごし方ではありえない自然ではない筋肉のつき方になります。2015年に厚生労働省が発表した筋力低下が大きい高齢者に対してHMBの効果が認められ関心を持たれています。
HMBは筋トレ初級者に対する効果は感心するものがありますが、筋トレ上級者への影響はそれほど大きくはないでしょう。

経験の長い方は筋肉を増やすことの過酷さを十分認知されているので思い違いをしている方は多くないと思いますが、期待を過度に持つことはやめましょう。ある程度の筋トレ経験者はHMBの効果が減少しますが、筋トレを始めたばかりの方には筋肉量の増加と 体脂肪率を減らす効果が望めます。
速攻の効果が出るとモチベーションがでますので、 筋トレを初メタばかりの人には向いています。
減量期や筋肉を増強させる効果の筋肉減少を抑える効果が期待できるサプリHMB。 日本では2010年から発売されている比較的新しいサプリメントです。筋トレと組み合わせた場合、クレアチンが高重量の筋トレに対するパワーがでて、そして損傷した筋肉の超回復にHMBが貢献するこんな連携の発生が期待できます。
また、運動直後に使う他では、食後の服用がおすすめです。

食後はタイミング的に胃酸の影響を受けにくいので、サプリを吸収する効率が高いためお勧めです。

薬の服用を指示がほとんど食後なのも影響のある胃酸を考えてのものです。

トレーニーや肉体改造を少しでも考えている方はある種の効果が期待されるサプリので、ほとんどの人が気になると思います。肉体改造にはウエイトを増加させる増量期と減らす減量期があるのですが、減量期によるエネルギー摂取自体の減少は、油断していると脂肪とともに筋肉も分解される場合があります。

もっと詳しく⇒hmb クレアチン配合 おすすめサプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です