アルギニンとHMBを併用で相乗効果

HMBサプリは比較的新しいものですが、多くの実験や研究の結果から顕著な効果があることが判明しています。その特徴からボディビル用に適したサプリということで注目されています。
基礎代謝は一日の肥満を防ぐエネルギーの消費の基礎は、これが壊れると食事を戻した時に消費するエネルギーが追いつかず肥満を許してしまいます。

2015年に厚生労働省が公開した筋力が低下していく高齢者に対してHMBの効果が認められ注目されています。HMBの効果を筋トレ初心者で考えると得も言われぬほどのものですが、筋トレ長期経験者に対する効果はさほど大きくはないかもしれません。
上級者は筋肉アップの厳しさの実感が大きいと思いますので、多くの方が勘違いしないとは思いますが、期待を過度に持つことはやめましょう。筋トレにより損傷した筋肉は超回復と言って、損傷部分を修復する際に回復時に今までより強く太くなります。

この反復が筋肉がつく過程となります。

筋トレに慣れてきたら負荷をアップできるスポーツジムでマシントレを励むのもいいですが、負荷のアップを定期的に続けないと効果が出にくいし、マシンの軌道の動きはワンパターンなため日常使われないような筋肉のつき方が自然のようにはいきません。筋トレで一緒に使う前提で進めると、アルギニンが高重量の筋トレに対するパワーがでて、そして損傷した筋肉をHMBが超回復の役割に貢献するといったコンビネーションが発生します。また、トレーニングを終えた後に使う他は、食後の服用がおすすめです。

食後はタイミング的に胃酸の影響を受けにくいので、サプリを吸収する効率が高いためお勧めです。
薬の服用が食後に指定されていることが多いのは胃酸の影響もあるからです。

ある程度の筋トレ経験者はHMBの効果が少ないですが、筋肉トレーニング初心者には筋肉量を増やすことと体脂肪率を少なくする効果が期待できます。素早い効果があるとモチベーションがでますので、筋肉トレ―ニング初心者の方には向いています。

減量期や筋肉を増強させる効果の筋肉が減るのを抑える効果を期待できるサプリメントHMB。日本では2010年から発売されている比較的新しいサプリメントです。HMBを飲んで効果がでやすい人は、初心者の域にある筋トレ実践者の方です。

これまで本格的なウエイトトレーニングを行っていない人ほど、研究により効果が得られやすいと判明しました。

トレーニング後が効果をもっとも得やすいです。トレーニング直後のプロテインによる栄養補給はトレーニーには常識です。筋トレ直後の時間をゴールデンタイムと呼び、損傷した筋肉への効率のよい栄養補給が行われ、 大きな効果があるとされています。

トレーニーやこれから肉体改造を始めようと思う方はサプリにある種の効果が期待できるので、気になる人も多いと思います。
肉体を改造するにはウエイトを増やす増量期と落とす減量期があるのですが、エネルギー摂取そのものを減らす減量期は、油断していると脂肪とともに筋肉も分解される場合があります。

筋トレの最中は筋肉に負荷がかかり破壊され続けているので、その最中に素早く回復を促すHMBを届けるのが効率がよく感じられます。HMBにはたんぱく質を同化促進させる効果があるため、筋肥大といった筋肉量増加効果があることが判明しています。HMBサプリならば絶対筋肉が隆々とするとのことは起こりません。HMB、アルギニンには、単体でも筋肉増量効果が確認されています。

そして、アルギニンとHMBを併用し、同時摂取することで「体脂肪率減少」「筋力向上」「筋肉増量」等の相乗効果が獲得できます。
対象を筋トレ未経験者にしぼった実験では、被験者にHMBを摂取させウエイトトレーニングを行った団体は、HMBを摂らなかったグループと比べて統計的に重要な方法で筋肉の増加が認証されました。

サプリは魔法とまでは言えませんが、食事や筋トレとの関係を頭に入れて使いこなせば望んでいる結果に導きます。
正しい情報でしっかりとした結果を出しましょう。HMBは傷ついた細胞の修復効果を促し、回復促進効果が望めます。
トレーニングは極論からすると筋肉を傷つけるのが目的です。お世話になってるサイト⇒アルギニン サプリ 筋トレメニュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です